あるイタリアンレストランの話です。食べに行ったのはかなり前です。その店のオーナーは勉強家で人当たり良い人でとても頑張っていました。店員さんも良い人でアットホームな店です。

ここまで聞くととてもいいお店で繁盛していそうですが、実際はかなり厳しい状況でした。

この店の一番の原因は、コンセプトと実態が全く違っている事です。つまり、イタリアンレストランとうたいながら、実際は喫茶店だからです。

店舗は古い店で大きさは50席ほど。綺麗に清掃されていて清潔感が漂っているとまではいきませんがそれなりでした。まあそこまでは許せても、いけなかったのが、新聞や雑誌、漫画が大量にあり、正に喫茶店です。イタリアンレストランの欠片もない。

更に酷かったのはその店ランチをやっていたのですが、そのメニューが「ホッケ定食」。なんでやねん!と思い切り突っ込みたくなりました。

そこに来るお客さんはイタリアンレストランだとは思っていません。店の近くに車の整備工場等があり、ランチを食べに来るお客さんはいましたがディナーには来ない。私達がイメージするイタリアンレストランとは、かけ離れているからです。ワインを片手に料理を楽しむ雰囲気ある店ではないのでディナーには来ないのです。そのうちランチも飽きられて閉店しました。

このことからも分かるようにコンセプトは大切です。

“誰に・何を・どんな方法で”をしっかりと決めなくては絶対ダメです。

ご自身のビジネスのコンセプトを今一度、確認してみては如何ですか?

 

スマイル大事!

今日も1日しあわせでありますように!