今年で平成も最後の年です。

そこでこんな記事を見つけました。

懐かしすぎ!平成前半にはまったものランキング

懐かしすぎ!平成前半にはまったものランキング

今年の4月30日をもって、平成という一つの時代が終わります。平成の約30年間を振り返ると、さまざまなファッションや文化が流行し、社会現象となりました。
そこで今回は、平成前半にはまった懐かしいものについて探ってみました。

1位 たまごっち
2位 スーパーファミコン
3位 プレイステーション2

1位は「たまごっち」!

1996年11月23日にバンダイから発売されたデジタル携帯ペット・たまごっち。画面に登場するキャラクターに餌を与えたり、一緒に遊んだりして育てていくゲームで、子どもを中心に人気に火がついて日本各地で品切れが続出。偽物が出回る事態にもなったほど、社会現象を起こした人気商品。
どのように育てるかによって、キャラクターが“まめっち”“おやじっち”“くちぱっち”など違った成長をたどるのも魅力の一つ。そんな一大ブームとなったたまごっちが1位となりました。

2位は「スーパーファミコン」!

“スーファミ”の愛称で知られる1990年に発売された家庭用ゲーム機・スーパーファミコン。『スーパーマリオカート』、『ドラゴンクエスト』シリーズ、『ぷよぷよ』などさまざまなゲームソフトが発売され、夢中になってプレイした人が多数。
兄弟や友人とコントローラーの取り合いをした経験がある人も多いのではないでしょうか。大人から子どもまで多くの人がはまったスーパーファミコンが2位となりました。

3位は「プレイステーション2」!

スーパーファミコン発売から10年後の2000年に発売された家庭用ゲーム機・プレイステーション2。迫力のある実写表現が魅力で、発売当時は画面の美しさに感動した人が多数。
特に臨場感やリアリティーが高い『ファイナルファンタジー』シリーズをはじめとしたRPGゲームを何時間も夢中になって続けたという人が多く、3位となりました。(ネット調べ)

確かにたまごっちは私もやりました。

ただ、夢中になるほどではありませんでしたが…。

皆さんも、平成を懐かしんでみては如何ですか?

スマイル大事!

今日も1日しあわせでありますように!