結果には、良くも悪くそうなった原因があります。

つまり、原因や理由が分かっていれば、対処できます。

突然ですが、私が好きな作家、池井戸潤さんの小説がテレビドラマ化して現在放送しています。

ご存じ方も多いと思います。

そう、「ノーサイド・ゲーム」です。

この話は企業物で、スポーツをテーマに、そのあり方、会社に与える影響が描かれています。

そのスポーツはラグビー。

そのドラマで、トキワ自動車のラグビーチーム「アストロズ」が、新しい監督を決めると言う回がありました。

候補に選ばれたのは2人。実績、経験からある監督1人に依頼する運びとなったのですが、アストロズGM、大泉洋さん演じる君嶋が大学時代の同級生、大谷亮平さん演じる柴門琢磨に、監督を依頼すると言い出します。

それは、何故か?

当初、依頼しようとしていた監督と柴門とでは、決定的な違いがありました。

君嶋は、そこを重要と考えていたのです。

それは「チームを優勝に導いた経験」です。

柴門の方が、「勝ち方を知っている」と言う事です。

優勝させた事無い監督は、優勝の仕方を知らないのです。

やはり、経験は大切。

何でもやってみる!と言う気持ちを思い出させてくれました。

これからも、どんどんチャレンジしていきます。

 

スマイル大事!

今日も1日しあわせでありますように!