今日は立春です。

実は立春は節分の次の日です。

そして節分は2月3日に決まっている訳ではありません。

立春に合わせて節分の日もずれる

立春に合わせて節分の日もずれる

豆まきをする「節分の日」ってありますよね。

節分の日は「立春の日の前日」と決まっているんです。

だから、立春がずれると、節分もずれてしまうんです。

節分の日って2月3日というイメージがありますが、それは固定されているわけではなくて、ここ何年も立春がずーっと2月4日だっただけなんです。

ちなみに、今後数年の立春(予測)はというと・・・

西暦立春節分
2020年2月4日2月3日
2021年2月3日2月2日
2022年2月4日2月3日
2023年2月4日2月3日
2024年2月4日2月3日
2025年2月3日2月2日

ということは、2021年と2025年は、節分の日が2月2日になります。
過去30数年、節分の日が2月3日だったのは、たまたま立春がずれていなかっただけなんです。

立春とはどんな意味がある?

二十四節気の立春

立春とは、旧暦で使用されていた二十四節気(にじゅうしせっき)の一つで、(旧暦の)1年が始まる日。

春が立つと書くので、旧暦上では春が始まる日になります。

二十四節気では、1年を太陽の動きに合わせて4等分(冬至、夏至、春分、秋分)し、さらにその間で4等分(立春、立夏、立秋、立冬)しています。

そのうちの一つが立春ですね。

立春を過ぎても、体感的にはまだまだ寒い日が続くのですが、最初に吹く強い南寄りの風は「春一番」と呼ばれます。

明治時代に旧暦から新暦(世界共通の西暦)に移行するまでは、立春に近い新月の日を元日としていましたので、昔は立春と正月が非常に近かったのです。

そのため、現代においてもお正月のことを「新春」とか「初春」と言いますよね。

立春の定め方をちょっと専門的に説明

立春


地球を中心に固定したとみなして、太陽が通る道=黄道を想定します。

地球から黄道を見て春分の日に当たる場所を0°として、太陽はグルっと360°回るわけですね。

立春は、太陽が冬至と春分のちょうど中間、315°の位置に来たとき、と定めています。(ネット調べ)

21021年と2025年は、節分が2月2日です。よって節分は2月3日になります。

意外と皆さんご存じないかも知れませんね。

勉強になります。

スマイル大事!

今日も1日しあわせでありますように!