たまに食べたくなるレトルトカレー。

暖めるだけで食べられるとても便利。

今日はそんなレトルトカレーの日です。

ボンカレーの日・レトルトカレーの日

大阪府大阪市中央区に本社を置き、「ボンカレー」に代表される食品・飲料を製造・販売する大塚食品株式会社が制定。

1968年(昭和43年)のこの日、日本初のレトルト食品である「ボンカレー」が発売された。記念日は「ボンカレーの日」と「レトルトカレーの日」でそれぞれ一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

ボンカレーゴールド

ボンカレーについて

「ボンカレー(Bon Curry)」の名前の「ボン」はフランス語の形容詞「bon」(よい、おいしいの意味)に由来する。一人暮らしの独身男性でも温めるだけで簡単に食べられることから「独身男性のカレー」という意味で「チョンガーカレー」という案もあった。

ボンカレー50周年

レトルトカレーの代名詞とも言える「ボンカレー」は、2018年(平成30年)で50周年を迎えたロングセラー商品である。発売当時の宣伝は「3分温めるだけですぐ食べられる」という内容のものであった。宣伝からも分かるように、保存性よりも簡便性を前面に打ち出しており、インスタント食品の一種として普及していった。(ネット調べ)

やっぱり、ボンカレーですね。

懐かしい味がします。

食べたくなってきました。

スマイル大事!

今日も1日しあわせでありますように!