今日は、ノーベル賞制定記念日。

1895年のこの日、スウェーデンの化学者ノーベルが、自らの発明したダイナマイトで得た富を人類に貢献した人に与えたいという遺言によってノーベルの死後、ノーベル財団が設立され、1901年にノーベル賞の第1回受賞式が行われました。

ノーベルの遺産を元にした基金168万ポンドの利子が、物理学・化学・生理学医学・文学・平和事業の5分野に貢献した人に贈られています。1969(昭和44)年に経済学賞が追加されました。

毎年ノーベルの命日の12月10日に、平和賞はオスロで、その他の賞はストックホルムで授賞式が行われています。(ネット調べ)

では、莫大な富を得る事となった、ノーベルが発明したダイナマイトは何が凄かったのか?

それは、鋭敏な爆発物で爆薬としての実用は困難であったニトログリセリンを珪藻土にしみ込ませ安全化し、さらに雷管を発明して爆発のコントロールに成功したからです。

これによって、多くの土木工事に使われるようになりました。

しかし、一方では戦争に使われ多くの尊い命を奪った事も事実です。

ノーベルは本来は土木工事の安全性向上を目的としてダイナマイトを発明したのであり、それが戦争に用いられたのはその意志に反していたという風聞があありますが、実際にはノーベルにとってダイナマイトが戦争目的で使われる事は想定内であり、むしろノーベルは、ダイナマイトのような破壊力の大きな兵器が使われる事で、それが戦争抑止力として働く事を期待したいたようです。(ネット調べ)

いずれにしろこのダイナマイトのおかげで、人の為に貢献した方々が評価され賞賛される事は大切な事だと思います。

 

今日も1日しあわせでありますように!