9月も中旬。

日中は暑い日が有りますが、朝晩はすっかり秋の気配。

そろそろ衣替えですね。

衣替えと言えば服だけをイメージしがちですが、サンダルのような夏にしか履かない物もケアする必要があります。

今日はそんな話題です。

夏よ、さらば。

革サンダルを来年もきれいに履くためにすべきこと

 

まぐまぐニュース

たかがサンダルといってもピンキリです。1シーズンで鼻緒の辺りがひび割れてしまう安物から、最近は品質やデザインにこだわった高級品も人気です。やっぱりこだわりのサンダルを買ったら、長持ちさせたいと思いますよね。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、そんなサンダルの「お手入れ方法」を紹介しています。

サンダルのシーズン終了

さて、本日は意外に知らないお手入れのお話

信じ難いほど暑かった今年の夏。しかも日本は湿度が高いので、フツーのオフィススタイルだとあちこちムレますよね。そんな夏に大活躍するのが

サンダル

です。

ところが、このサンダル。夏限定なんですよね(*゜∀゜*) 残暑のうちはともかく秋になってからサンダルってのはいただけない。なので9月になるとそろそろ

お役御免

なんですよね。なので、まさにこの時期夏服たちとともにお手入れしてあげないとならないんです。

サンダルのお手入れって、改めて考えたことがないですよね。ですが、ソコはやっぱり靴の一種。キホンは

フツーの革靴と同じ

です。つまり

靴用ブラシと専用クリーナーで汚れを落とす靴クリームを塗って保護し磨いてツヤを出す

んです。ホントは、履き始める前に

防水スプレーをかけておく

といいんですよね。雨からだけでなく、汗からもある程度守ってくれるんです(と、靴屋の店員さんに防水スプレーを勧められたことがあります。で、買った)。

さらに、シーズンの終わりの今はこれに加えて

陰干しする

ようにしましょう。カビを防ぐためです。いや、ホントに靴にカビって生えるんですよ。なので、直射日光の当たらないところで、よく乾燥させてくださいね。

このあと、箱に収納して仕舞うんですが

必ず丸めた紙などを詰める

ようにしましょう。サンダルの甲の部分がつぶれるのを防ぐためです。以前この詰め物をしなかったために、お気に入りのカネマツのサンダルが見事にヘニャつぶれしてしまったことがあります(T-T) ま、履けることは履けたんですが、甲にヘンなクセがついておりそれが肌に当たってビミョーにこすれて履き心地が悪いんです。…ひと夏粘りましたが、その後仕方なく処分しました(T-T)

ちなみに現在。以前東京に住んでいた頃は、サンダルが大好きで毎年夏に買っていました。パンプスほどキッチリしていなくて、ぬけ感のあるオシャレさが好きだったんです。

ところが、その後ヒトよりイノシシの多いイナカに引っ越し、歩くのは川の土手と農道という生活に。ま、もう

サンダルは要らない

ですね。なので、引っ越し以来一足も買っていません(^0^) 必要なモノは生活スタイルで変化するモンですよね。今の生活に必要なのは、オン用のパンプスとオフ用のスニーカーです。

サンダルが似合う場所にお住まいのみなさん。是非お気に入りのサンダルは、ちゃんとケアして来夏も履いてあげてくださいね。(ネット調べ)

 

来年も活躍して貰うためにはケアが大切。

私もサンダルのケアをしようと思っています。

 

スマイル大事!

今日も1日しあわせでありますように!