天才の頭脳を借りよう

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』ご覧になっていますか?
明智光秀が主人公のドラマです。岐阜が舞台で私は毎週見ています。
歴史が好きなんです。過去にこの場所でこんなドラマが有ったのかと思うとワクワクします。
日本史に限らず、中国やヨーロッパの歴史も好きです。
三国誌のドラマは100話ほどあったと思いますが全部見ました。

そんな私が良くすることは、『こんな時、織田信長ならどうするだろう?』って
考えてみる事です。織田信長に限らず、色々な人物で考えたりします。
そうすると、何か違う目線で物事を捉えられる気がします。

もちろん歴史上の人物じゃなくても良いと思います。
自分が尊敬する人、憧れの人等、誰でも良いです。
その人になった気分で考えてみる事は意外と面白いですよ。

天才の頭脳を借りるのです。

ネットで調べたら、アメリカの教育学博士
ウィン・ウェンガー氏が開発した「天才の頭脳を借りる」方法がありました。

目を閉じ呼吸を整えた後、今、自分がもっともモデリング(見本にしたい)したい人物を想像します。

その人物の身体に、自分の身体を重ね合わせ、その人物の頭をかぶります。

すると見本となる人物の目をとおして世界が見え、耳をとおして世界が聞こえ、
鼻をとおして世界の雰囲気を知覚できるようになります。

なるほど!

みなさんは、誰の頭脳を借りますか?

スマイル大事!
今日も1日しあわせでありますように!

『ひとこと』
梅雨入りしましたね。これから雨の日が多くなります。

お知らせ

Zoomでの『岐阜売上アップ実践会』開催を
準備しております。開催が出来るように
なりましたら、お知らせ致します。
何卒、よろしくお願い致します。