「お客さんは答えを持っているけど、答えを知らない」

 

昨日は、商品が売れなくて困っている会社の話でした。
売れない理由は、お客さん目線での商品開発ではなく、
自分本位の商品開発になっているからということでした。
最終決定はお客さんにあり、そのお客さんのことを考えないことは致命的。
なので、お客さんが何を求めているかを考えましょうとお伝えしました。

 

そして今日は、もう一歩進めた考えの
「お客さんは答えを持っているけど、答えを知らない」について
お伝えしたいと思います。
これは、iPhoneの事例でお伝えすれば、分かりやすいと思います。

 

あなたは、初代iPhoneが発売されたのが
いつだったか覚えていますか?
今から13年前の2008年に初代iPhoneが発売されました。
当時ソフトバンクの独占販売でした。
発売日には、ソフトバンク表参道店に約1㎞、
1,500人の行列ができたそうです。

 

多くの人はiPhoneが発売されたら欲しいと
思っていたということです。
しかし、iPhoneが発表されるまで
スマートフォンなんて知らない人がほとんどです。

 

次にどんな携帯が欲しいですかと、
iPhone発表前に聞けばガラケーが
進化したようなイメージだったハズです。
でも、スティーブ・ジョブズはみんなの想像を
超えたスマートフォンを世に出したのです。

 

これが、「お客さんは答えを持っているけど、答えを知らない」です。
お客さんの中にあるハッキリとしていない答えを、
iPhoneの登場で「そうそう、欲しかったのはこれ!」と
お客さんが気づいたのです。お客さんは気がついていないけど、
提示したら欲しいと思ってします。
そんな、商品やサービスが提供でしたら、売ることは簡単です。

 

その為には、お客さんのコトバに耳を傾けること。
何気ない言動にヒントが隠れています。
「お客さんは答えを持っているけど、答えを知らない」を考える。
覚えておいてください。

 

それでは、今日も頑張りましょう!

 

『ひとこと』
今日も雨ですね。

 

毎月お役にたつ情報をお届けしています
マーケティングニュースレターは下記からお申し込み頂けます。
(無料です)詳しい情報を知りたいかたは是非お申し込み下さい。

マーケティングニュースレター https://lp.n-foryou.jp/marketingnewsletter/

 

商品やサービスの説明や使い方の解説に有効な動画作成
弊社にお任せ下さい。詳しくはこちら
https://lp.n-foryou.jp/papermovie/

 

現在岐阜売上アップ実践会参加者を募集しています。
「客単価アップ&リピーター編」についてアイデアだす実践会です。
興味のある方は是非、ご参加下さい。
詳しくはこちら
https://lp.n-foryou.jp/sales-increase-practice-meeting/

 

弊社では「紙+動画のご提案」を行っています。
文字だけでは伝わりにくいメッセージを
動画で伝えませんか?

紙プラス動画

 

 

 

 

でいあっぷてぃーびー

高評価・チャンネル登録お願いします。
https://www.youtube.com/channel/UC3UyExsTOOF0Y3Q6OLmKNGw