「人の振り見て我が振り直せ」

 

先日こんなことが起きました。「印刷資材の値段が4月より上がります。
新価格のお見積書を持参します。申し訳ありませんが値上げの件ご了承ください」と、
取引先の営業マンが来ました。私は外出していたので、
直接は受け取っていません。なので、弊社会長が受け取りました。

 

ここからが信じられない出来事です。値上げをするという商品を
値上げ前に購入しようと会長が発注しました。
その納品書と見積書を会長が見て”信じられない!“と言いながら、
私のところへ来たのです。私もその納品書と見積書をみて愕然としました。

 

4月から値上げすると持ってきた見積書金額の方が、
今回納品書の金額より安いのです。現状より”値上がりします“と
言った方が安いって…。すぐ担当の営業に連絡し確認して貰いました。
どうなっているの?と。

 

30分程して営業マンより連絡がきました。
「申し訳ありません。お見積金額をトンチンカンな
値段で出してしまいました。」と。私は「トンチンカンはお前だろ!」と
思ったのは言うまでもありません。何の確認もしないで平気で
見積書を持ってこられる神経がわかりません。

 

お見積書の金額が間違っていたらお客さんに
迷惑を掛けることが分からないか?と思います。
なぜなら、お客さんはその見積書で判断をするからです。
それが違っているなんて考えもしませんよね。
間違った情報で判断をするお客さんのことを全然考えていないのです。
この営業マンかなりのベテランです。
私より年上で長年この業界に身を置く方です。

 

今回のケースは、ただの確認不足です。
確認さえしていれば防ぐことができます。
この人納品時に納品書も確認していません。
それは、事務員に納品書の発行を任せているから。
営業マンは商品名と数量を伝えるだけ。
まあ、納品書発行は任せている会社も多いので良いのですが、
最終的な確認は必要です。
それを怠った為に今回事件は起きたのですから。

 

この会社と営業マンは、確認という簡単で
重要なことをしなかった為に、私の信用を失ったのです。
信用を失うことは簡単です。

 

私も自分自身、気を付けなくてはと改めて感じた次第です。
「人の振り見て我が振り直せ」です。

 

それでは、今日も頑張りましょう!

 

 

「ヒロユキの部屋」は、
コーチングセッションを無料で受けられます。
自分の本心に気がつくことができる!
コーチングセッション。
この機会是非ご活用下さい。

――――――――――――――――――――

答えはあなた自身が持っています。
それを導き出すサポートをするのがコーチングです。

「ヒロユキの部屋」は、あなたの頭の中を
整理して、進むべき道、やるべきことを洗い出す
お手伝いをするところです。
私と一緒に頭の整理してみませんか?

コーチングセッション「ヒロユキの部屋」詳細

時間       30分ほど
方法       Zoomを使って行います
料金       無料です
申し込み方法   下記からお申し込みください。
https://ws.formzu.net/dist/S22825118/

――――――――――――――――――――

 

『ひとこと』
今日の暖かさで桜が一気咲きそうですね!

 

毎月お役にたつ情報をお届けしています
マーケティングニュースレターは下記からお申し込み頂けます。
(無料です)詳しい情報を知りたいかたは是非お申し込み下さい。

マーケティングニュースレター https://lp.n-foryou.jp/marketingnewsletter/

 

商品やサービスの説明や使い方の解説に有効な動画作成
弊社にお任せ下さい。詳しくはこちら
https://lp.n-foryou.jp/papermovie/

 

 

 

 

 

 

でいあっぷてぃーびー
高評価・チャンネル登録お願いします。
https://www.youtube.com/channel/UC3UyExsTOOF0Y3Q6OLmKNGw