『アンビグラム』とはデザイン手法のひとつです。

この手法を使って作成した、佐賀県の唐津競艇場のポスターが、SNSで話題を呼んでいます。

アンビグラムambigram、またはinversion, flipscript)は、語を与えられた形式だけでなく、異なる方向からも読み取れるようにしたグラフィカルな文字のこと。テキストはいくつかの語からなる場合もあり、異なる方向で綴られたテキストは同一のものであることが多いが、違うテキストになることもある。ダグラス・ホフスタッターはアンビグラムを「2つの異なる読み方を同一のひとそろいの曲線に何とかして押し込める筆記体デザイン」と述べている。

わかりやすく言うと、文字を180度回転させたり、鏡に写したりしてできるデザインのことで、多くはシンメトリカルで、同じ語に読める。(Wikipedia調べ)

では、実際に佐賀県の唐津競艇場のポスターをみてみましょう。

 

このポスターを逆さにすると

 

 
 『挑戦』と言う文字が『勝利』に変わります。
 
誰もが足を止めるポスターではないでしょうか。
 
宣伝効果バツグンですね!
 
今日は『アンビグラム』とう手法のご紹介でした。
 
 
スマイル大事!
 
今日も1日しあわせでありますように!