ええか。龍馬。

 

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは!
頭の中整理整頓アドバイザー和泉です

 

今日は久しぶりに本の紹介をしたいと思います。
タイトルは「もしも徳川家康が総理大臣になったら」です。
AIとホログラムによって歴史の偉人たちが現代日本に蘇り、
最強内閣を発足。新型コロナ感染症で未曾有の大混乱にある
日本の窮地を救う、という設定。この内閣、なにしろ最強内閣なんです。
総理大臣は徳川家康、官房長官は坂本龍馬。
さらに、経済産業大臣に織田信長、財務大臣に豊臣秀吉。
また、天下の発明家、平賀源内がIT担当大臣に、
米将軍・徳川吉宗が農林水産大臣に配置されていたりという、SFビジネス小説です。

 

内容を少しお伝えしますと、徳川内閣はコロナ感染対策として、
1ヶ月間のロックダウンを閣議決定します。
その記者会見で財務大臣の豊臣秀吉が、
「赤ちゃんから年寄り、外国人も日本に住んでいる人全員に
一人50万円を支給する」と発表します。
「これだけあれば、1ヶ月間家にいても生活できるだろう」。
(本書ではコテコテの名古屋弁です)
官房長官の坂本龍馬も初耳で驚愕します。
一番の気がかりは財源。どこから、一人50万もの
お金を用意するのか?坂本官房長官は秀吉に尋ねます。

 

そこで、秀吉が言ったコトバがリーダーの本質を突いています。
「それはわしの仕事ではにゃー。それをやるのは三成じゃ。
ええか。龍馬。将たるものの仕事は決めることじゃ。
決めたことは何があってもやる。そういう将の下には、
それを成し遂げる者が集まる者じゃ。
あとは将はその者たちを信じて任せる」と言うのです。
このコトバを聞いた龍馬は「こりゃ。至言じゃのう」と言うのです。
(至言とは、いかにも正しいところを言い当てたコトバという意味です。)

 

経営者やリーダーの仕事は決めること。
私もよく先輩経営者の方々から聞いた話です。
それは、経営者にしかできない仕事。
私も太閤様のようにありたいと思った次第です。
この本読み始めたばかりです。今後の展開が楽しみです。

 

それでは、今日も頑張りましょう!

 

「ヒロユキの部屋」は、
コーチングセッションを無料で受けられます。
自分の本心に気がつくことができる!
コーチングセッション。
この機会是非ご活用下さい。

――――――――――――――――――――

答えはあなた自身が持っています。
それを導き出すサポートをするのがコーチングです。

「ヒロユキの部屋」は、あなたの頭の中を
整理して、進むべき道、やるべきことを洗い出す
お手伝いをするところです。
私と一緒に頭の整理してみませんか?

コーチングセッション「ヒロユキの部屋」詳細

時間       30分ほど
方法       Zoomを使って行います
料金       無料です
申し込み方法   下記からお申し込みください。
https://ws.formzu.net/dist/S22825118/

――――――――――――――――――――

 

『ひとこと』
雨が結構降りましたね。

 

毎月お役にたつ情報をお届けしています
マーケティングニュースレターは下記からお申し込み頂けます。
(無料です)詳しい情報を知りたいかたは是非お申し込み下さい。

マーケティングニュースレター https://lp.n-foryou.jp/marketingnewsletter/

 

商品やサービスの説明や使い方の解説に有効な動画作成
弊社にお任せ下さい。詳しくはこちら
https://lp.n-foryou.jp/papermovie/