クライアントと共有する

今日は共有について考えたいと思います。
ビジネスには協力者が必要です。
自分の考えに共感し協力してくれる人。
そんな集団をチームと呼びます。
グループではなくチームです。

チームで同じ目標に向かって進むには、
ワクワクする目標設定が重要な事は
言うまでもありませんが、チーム内の
情報やノウハウ等を共有する事も大切ですよね。

Aさんは知っていて、Bさんは知らない、
なんて事があると進み具合に影響が出ますし、
チームワークも良くありません。
更には、お互いの共有が曖昧だと
進捗状況がつかめません。
いったいどの程度進んでいるのかチーム内で
感じ方がバラバラになります。
Aさんは良い具合だ!と思っていても
Bさんは、まだまだだよな・・、って感じです。

だから共有するって大切なんです。

これは、クライアントとの関係でも同じです。
特にゼロからものを作り出すクリエイティブな
仕事の場合、クライアントとの共有が出来てないと
クレームの対象になりかねません。
出来上がりのイメージが違うと。

節目の段階でクライアントと打合せ等で、
お互いに頭の中のイメージを共有し
進めなくてはいけません。
クライアントに満足してもらわなければ、
やる意味がありませんから。

クライアントもチームも共有する事を
忘れないでください。

スマイル大事!
今日も1日しあわせでありますように!

『ひとこと』
飛騨や東濃方面、大変な事になっています。
災害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。

お知らせ

Zoomでの『岐阜売上アップ実践会』開催を
準備しております。開催が出来るように
なりましたら、お知らせ致します。
何卒、よろしくお願い致します。