シントピック・リーディング

今日は読書法についてお話したいと思います。
例えば、みなさんがある専門分野について勉強したい、
知識を得たいと思ったとします。

その場合、ひとつの方法として本を読んで
学ぼうとするのではないでしょうか。
ひとつの専門分野だけの本を徹底的に読むことを
「シントピック・リーディング」と言います。
シントピックとは、“ひとつのトピック”と言う意味です。

学びたい専門書を100冊読むと、かなりの知識が
得られて専門家として認められると言われています。
でも、100冊って大変ですよね。でも、こうしたらどうでしょうか。

毎週5冊を読んでいく、そうすると約5ヶ月で100冊読めます。
ここで、注意して欲しいことは、本の内容を理解することが
目的ではありません。自分のゴールを達成することが目的です。
1冊の本を読む場合は、主役は著者。
でもシントピック・リーディングの主役はみなさんです。
あくまでも、得たい知識のための読書をしましょう。
一字一句理解する必要はありませんよ。

できる範囲でシントピック・リーディング、やってみてください。

スマイル大事!
今日も1日しあわせでありますように!

『ひとこと』
現在、動画を作っています。出来上がりましたら、アップしますね。