セグメントに分ける

今日はクライアントをセグメントに分ける話です。
ここで言うセグメントは、似たようなタイプにクライアントを
分けるとイメージしてください。
何故、セグメントに分ける必要があるのか?
それはクライアントのニーズは多岐に渡っているからです。

例えば、みなさんがカフェのオーナーだと仮定します。
カフェに来るお客様をセグメントすると、
デート中のカップル
商談に来ているビジネスマン
PCを持ち込んでレポートを作成している学生等です。

この人達に価値を提供するなら何か?

パリのオープンカフェのようなオシャレな
空間をデート中のカップルは求めているかも知れません。
商談に来ているビジネスマンは、出来る事なら個室にちかい
空間が必要かもしれません。無料で安全はネット環境が
レポート作成の学生に喜んでもらえるはずです。

このように、セグメントよって求める価値は様々です。
セグメントすることで、商品やサービスのコンセプトが明確になります。
現代社会では消費しきれない程の商品やサービスが溢れています。
その中から選んで貰うためには、コンセプトの明確化は不可欠です。

今一度、クライアントの事を詳しく知っておきましょう!

スマイル大事!
今日も1日しあわせでありますように!

『ひとこと』
6月になりますね。梅雨の季節です。

お知らせ

Zoomでの『岐阜売上アップ実践会』開催を
準備しております。開催が出来るように
なりましたら、お知らせ致します。
何卒、よろしくお願い致します。