フロントエンドとバックエンド

マーケティングの考え方で『フロントエンド商品とバックエンド商品』があります。
ご存じですか?2ステップマーケティングも同じ考え方です。
まず、買いやすい商品を販売し、体験してもらい、
本当に売りたい商品の販売へ繋げてく手法です。

例えば、英会話スクールの無料体験レッスンがフロントエンド商品。
有料レッスンがバックエンド商品となります。
健康食品でのお試しセットからの定期購入も同じです。

この手法は知名度の低い小さな会社には有効な手段です。
魅力的なフロントエンド商品は見込み客を連れてきてくれます。

魅力的とは値段だけではありませんよ。
ターゲットとしている見込み客が知りたい情報や
ノウハウも魅力的なフロントエンド商品になります。

ただ、注意しなければいけないことがあります。
それは、本当に売りたいバックエンド商品と関係が無い
フロントエンド商品では意味がありません。
例えば、フロントエンド商品で『天然水のペットボトル』を
格安で販売し、バックエンド商品で『高級ホテルの宿泊』を
売ろうとしてもダメです。

水が欲しい人と、ホテルに泊まりたい人とはニーズが違うからです。
バックエンド商品を買う人のモチベーションの前段階にあるニーズに
しっかりと応える商品にすることが大切です。

あと、あまり多くのフロントエンド商品を作っても
意味がありませんので、気を付けて下さいね。

フロントエンド商品を決めて、設計するには多少時間が掛かりますが、
フロントエンド商品とバックエンド商品を構築できれば選ばれる会社になります。

考えてみてください。

スマイル大事!
今日も1日しあわせでありますように!

『ひとこと』
豪雨災害が心配です。

お知らせ

Zoomでの『岐阜売上アップ実践会』開催を
準備しております。開催が出来るように
なりましたら、お知らせ致します。
何卒、よろしくお願い致します。