今日はSについて!

昨日お伝えした、目標設定のフレームワークSMART。
今日から5回に渡り、SMARTを使った目標設定の
やり方について解説したいと思います。

まず、今日はSについてです。
SとはSpecific(明確な)です。
つまり、目標設定は具体的に考えなければ達成できません。

例えば、「優秀な部下を育てる」という目標を立てたとします。
でも、これって曖昧ですよね。具体的ではありません。
具体的にするには、優秀な部下とはどんな部下かを
定義しなければいけません。

この場合、「クライアントの要望やニーズをくみ取った
企画立案や効果的なプレゼンテーションができる
クライアントを満足させることのできる部下」の方が具体的です。
目標設定はより具体的にすることが大切です。

具体的であれば、目標を達成するためどんな行動を
取れば良いかが分かりますよね。
“クライアントのニーズをくみ取る”ためには、
どうアドバイスすれば良いかを考えれば良いのです。

いかがですか?
SMARTのSについて解説しました。
目標設定は、具体的であればあるほど、
達成に早く到達します。

具体的がポイントですよ。

スマイル大事!
今日も1日しあわせでありますように!

『ひとこと』
昨晩の月はとても綺麗でしたね!

YouTube始めました。
チャンネル登録お願いします。