全然興味ありません。

夕方に掛かってくる電話は営業の電話が多いです。
特に多いのが電話料金や電気料金が安くなるという類いのモノ。
(安くなるなら勝手に安くしておいてと思うのですが…。)
こんな営業電話で少し変わった電話が先日掛かってきました。
それは、電気料金を安くするお決まりの営業だったのですが、
業界の平均電気料金に関する情報を教えるので、
その情報を元に現在契約している電気会社と
交渉してくださいというちょっと不思議な営業でした。

いつもなら、必要ありませんと断るのですが、
この会社のビジネスモデルが知りたくて色々と質問しました。
情報を教えるだけでどうやって利益を出すの?と。すると、
詳しく説明するので、アポイントを取ってくださいと言われたので、結局断りました。

ちょっと不思議な営業電話は、ビジネスモデルに
興味があったので少し話を聞きましたが、基本興味がありません。

つまり、セールスレター等を書くときは、お客さんは、みなさんの
商品やサービスに興味がないと頭の中に入れておいた方が良いのです。

だから、イメージ出来るような物にしなければなりません。
曖昧な表現はダメです「。よく目にする「色々な場面でお役に立てます。」
みたいな表現では目に止めてもらえません。色々な場面って
どんな場面なのかを具体的にイメージ出来る表現にしなければダメなのです。

お客さんは基本、自社の商品やサービスに興味が
ないってことを頭に入れておいてください。

それでは、今日も頑張りましょう!

スマイル大事!
今日も1日しあわせでありますように!

『ひとこと』
急に寒くなりましたよね。

YouTube始めました。
高評価・チャンネル登録お願いします。