喪中はがきの問い合わせを頂く季節になりました。

今日は喪中はがきについてお話ししたいと思います。

まず、喪中はがきを出す時期ですが、本来年賀欠礼の挨拶ですので、喪中はがきを受け取った方も年賀状を送らないという風習が確立しています。そのため、先方が年賀状の準備にとりかかる前の、11月中旬から、遅くとも12月初旬には届くように出すのがマナーです。

そして喪中はがきを受け取ったら、相手に年賀状を出すのは控えます。相手に自分の近況などを伝えたい場合は、松の内(1月7日)が明けてから「寒中見舞い」として送る方もみえます。しかし、ほとんどはその年の年賀状を送らない、ということで終わらせる方が多いようです。

また、喪中であることを改めて報告する必要のない、いわゆる「身内」には出さない方が多いようです。
一方、公私を分けて考え、(特に姻族の喪中の場合は)仕事関係先へは例年通り年賀状を出す方が多いようです。

故人とまったく面識のない友人などにも、例年通り年賀状を出す方も増えてきています。
全般的な流れとしては、故人との関係が深い方には出しますが、故人と面識がない、または故人の存在を知らない方には出さない方向に徐々に変わってきているようです。

喪中はがきを出される方は、11月になったら準備を始めましょう。

 

今日も1日しあわせでありますように!