思考パターン

みなさんは、商談やプレゼンの時、自分の言葉が
相手に伝わっていないな…と感じる事はありませんか?
なかなかクロージングまでいかない。

伝わらない原因のひとつに思考パターンがあります。
詳しく解説しますね。

人間の思考パターンはふたつあります。
ポジティブ思考とネガティブ回避思考です。
相手がどの思考の持ち主かを見極めないと、
クロージングまでいけません。

「もっとこうなりたい!」「アレが欲しい!」
「こんなことしたい!」というポジティブな
欲求が先行する人がポジティブ思考で、
逆に「あんなことになりたくない!」
「アレを失いたくない!」「こんなことしたくない!」と
いうネガティブなことを回避しようと思う人がネガティブ回避思考です。

つまり、ポジティブ思考の人に「あんなことになりたくないですよね。
その為には弊社の○○○が…」って言っても、余り響かないのです。
「弊社の○○○は、あなたの夢を実現します」みたいな方がいいわけです。

先ずは、ご自身がどちらの思考パターンかを自己分析してみてください。
ポジティブ思考なら、どんな事を言われるとワクワクするか?考えれば良いのです。
ご自身がポジティブ思考で相手がネガティブ回避思考の場合は、
最悪の状態を想像してそれを回避する表現を考える必要がありますね。
最初は難しいかもしれませんが、相手を注意深く観察すれば、
どちらの思考パターンか分かってきます。

先ずは、自己分析をやってみてください。

スマイル大事!
今日も1日しあわせでありますように!

『ひとこと』
台風9号と10号心配です。