改めてサブスクリプションを考えてみた!

以前から気になっていたソフトウエア。
当時はとても高くて、ちょっと手が出せませんでした。
先日取引先に何気なく「○○って幾らぐらいだった?100万以上するよね」と
聞いてみたのです。すると「サブスクリプションになったので、
利用方法が変わりましたよ。年払いで○○です」という回答でした。
サブスクリプションになったんだと思いました。
確かにその方が導入しやすいです。

このようにサブスクリプションはデータやソフトウェアを
利用するといったデジタル領域で広まり、今ではあらゆる業種で
サブスクリプションへの移行を試行錯誤していますよね。

改めてサブスクリプションとは、「料金を支払うことで、
製品やサービスを一定期間利用することができる」
形式のビジネスモデルのことです。有名なところでは
「Apple Music」や「Amazonプライム」、Netflix」等です。

サブスクリプションは、月額・定額課金のイメージが強いですが、
厳密に言うと意味合いは違います。月額・定額課金はサービスや
製品の利用に対して一定の金額を定期的に支払いますが、
サブスクリプションは、利用するユーザーのニーズや
需要・必要としている部分に注目し、そこに応える価値を
用意するモデルなのです。言い換えれば、ユーザーが
必要としてる部分のみを提供するサービスなので、
ニーズによっては金額もサービス内容も変わっていくので
そこが月額・定額とは違う部分になります。

そこで今日は、みなさんのビジネスでサブスクリプションに出来ないか?
考える日にしましょう。お客さんに立場になって、こんな商品やサービスが
あれば毎月支払っても価値があると思えるモノです。
アイデアを出すときは、出来る・出来ないは考えないで、
自由に発想しましょうね!ここポイントです。

それでは、今日も頑張りましょう!

紙+動画のご提案  https://lp.n-foryou.jp/papermovie/

『ひとこと』
花粉症が辛いです…。

弊社では「紙+動画のご提案」を行っています。
文字だけでは伝わりにくいメッセージを
動画で伝えませんか?
https://lp.n-foryou.jp/papermovie/

 

 

 

 

 

 

 

 

でいあっぷてぃーびー
高評価・チャンネル登録お願いします。