昔と今では意味が違う!

 

昨日あるコトバの意味を調べていました。
そこで、目に入ったのが今と昔では
意味の違うコトバというタイトルです。
私達が使っているコトバには、昔と使う場面が違う、
つまり意味が違うコトバがあります。

 

例えば、「せいぜい3日もあれば十分」は、
「十分に多く見積もっても」「たかだか」という意味で用いられています。
しかし、「精」にはもともと「力を尽くす」という意味があり、
二つ重ねた「精精」は「力の限り」「精いっぱい」が本来の意味です。
したがって、「せいぜい頑張って」と言われると、
皮肉を言われたように感じる人が多いかもしれませんが、
本来は「精いっぱい頑張って」という激励の意味なのです。

 

もうひとつ、手当は「手」が軍勢を、
「当」が配置を意味します。古くは、敵の攻撃に備えて、
要所要所に軍勢を配置することを「手当を置く」と言ったのです。
そこから、「準備」や「処置」の意味になりました。
必要なところに処置をする場合にも使われることから、
病気やけがにも用いられるようになりました。

 

どうですか?コトバはその時代で意味を変えています。
時代に合った意味で使われています。
では、ビジネスはどうですか?
ビジネスも時代に合うように変化が必要です。

 

コロナ禍で対面よりリモートを利用するシーンが増えました。
「弊社はお客さんの顔を見て誠心誠意
対応するのがモットーです」なんて言っていたら、
時代に取り残されますよね。もちろん対面での対応も必要ですが、
リモートでの商談もできる環境は整えなければいけません。
ビジネスリーダーなら、「今の時代にはついて行けない」と言わず、
自分が分からないなら分かる人材に助けてもらえば良いのです。
理解出来なくても知っておくことが重要です。

 

それでは、今日も頑張りましょう!

 

『ひとこと』
10月もあと少し。来年に向けて行動開始です。

 

毎月お役にたつ情報をお届けしています
マーケティングニュースレターは下記からお申し込み頂けます。
(無料です)詳しい情報を知りたいかたは是非お申し込み下さい。

マーケティングニュースレター https://lp.n-foryou.jp/marketingnewsletter/

 

商品やサービスの説明や使い方の解説に有効な動画作成
弊社にお任せ下さい。詳しくはこちら
https://lp.n-foryou.jp/papermovie/

 

現在岐阜売上アップ実践会参加者を募集しています。
「客単価アップ&リピーター編」についてアイデアだす実践会です。
興味のある方は是非、ご参加下さい。
詳しくはこちら
https://lp.n-foryou.jp/sales-increase-practice-meeting/

 

弊社では「紙+動画のご提案」を行っています。
文字だけでは伝わりにくいメッセージを
動画で伝えませんか?
https://lp.n-foryou.jp/papermovie/

 

 

 

 

 

 

 

 

でいあっぷてぃーびー

高評価・チャンネル登録お願いします。
https://www.youtube.com/channel/UC3UyExsTOOF0Y3Q6OLmKNGw