最悪の数字は1

『最悪の数字は1である』。
これは、ダン・ケネディ(マーケッター)の言葉です。
例えば、集客の方法が 、折り込み広告「だけ」だったら?
ブログ「だけ」だったら?もしこれらが使えなくなったとき 、
あなたのビジネスはできなくなります。
お客さんがいなくなってしまいますから。

このように、ひとつの方法や、やり方だけだと
ビジネスも不安定だと言う事です。
もう少し具体的な例を挙げると、『スタッフが一人しかいない』
『売れ筋商品がひとつしかない』等。
これらが、なくなったらビジネスが立ちゆかなくなることは、
容易に想像できると思います。

1がダメな事はなんとなくわかっていると思います。
けれど、 今はまだ目の前の仕事を固めるのが先と
見て見ないフリをしている人が多いのではないでしょうか。
ビジネスをやっていく上で安心できるように、
あらゆるものをおひとつだけではなく、
2つ3つに増やしていく事が重要な事です。

あらゆるもを一度に全部増やすことは難しいので、
できるところから始めましょう。
“これしか方法がない”という状況は、
1日も早く抜け出しましょうね!

スマイル大事!
今日も1日しあわせでありますように!

『ひとこと』
台風の季節になりましたね。