生存率95%と死亡率5%

何らかの手術を受けなければならない時、
医師からこう告げられました「生存率95%」と。
でも、マイナスイメージで伝えるなら「死亡率5%」です。
この2つは全く同じ意味ですが、受け取った側のイメージが違いますよね。
「生存率95%」の方が安心感あります。

このように、意思決定のとき、質問や問題の提示のされ方によって
選択・選好の結果が異なることをフレーミング効果と言います。

このフレーミング効果は、マーケティングの
「ABテスト」で使われることが多いです。

たとえば、「こうなれますよ」という理想の未来型のメッセージと、
「こんな悪い未来が起こりえますよ」というネガティブな未来型のメッセージ。

明るく前向きな人にネガティブメッセージを投げかけても、
あまり響かないかもしれません。しかし、今あまり
ウマくいっていない人にとってみれば、恐怖の感情が刺激されて
ネガティブメッセージは行動に結びつくかもしれません。

これはクライアントや扱う商品やサービスによって、
ポジティブメッセージが良いか?ネガティブメッセージが良いか?変わります。

どちらのメッセージが有効化は、やはり「ABテスト」で確認するしかありません。
ポジティブメッセージバージョンとネガティブメッセージバージョンの2つの
バージョンのLPページやチラシ等をつくって反応を確認することをオススメします。

それが分かれば、集客の方向性が分かりますので。

それでは、今日も頑張りましょう!

スマイル大事!
今日も1日しあわせでありますように!

『ひとこと』
明日はハロウィーンですね。今年はいつもとは違う
ハロウィーンになりそうですね。

YouTube始めました。
高評価・チャンネル登録お願いします。