行動経済学

今日から何回かにわたり、行動経済学について考えてみたいと思います。
みなさんは、行動経済学ってご存じですか?
行動経済学の核となる理論が「プロスペクト理論」です。
急に「プロスペクト理論」と言われても分かりませんよね。

簡単に言うと机上の空論のように「ホントにそうなる?」と
疑ってしまうようなものではなく、「あるある!」とか「わかる!」と
思わず納得してしまうような理論です。

では、以下の2つの質問についてどう答えますか?

質問1. あなたの目の前で、次の2つの選択肢を選べと言われたらどちらを選びますか?

A:現金100万円が、その場で無条件に手に入る。
B:コインを投げて、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

おそらく「A」と答えたのではないでしょうか?

では、第2問。

質問2. あなたが200万円の借金を抱えているとします。
   次の2つの選択肢を選べと言われたらどちらを選びますか?

A: 無条件で借金が100万円減額され、借金総額が100万円になる。

B: コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら借金200万円のまま。

おそらく「B」と答えたのではないでしょうか?

それは、利益やうれしい結果につながる判断を迫られている時は、
リスクを避ける傾向があり、損失につながる選択では、
リスクを受け入れやすくなります。

つまり、「損失の悲しみは利益の喜びよりも大きく感じられる」ということですね。

この心理が行動経済学です。
行動経済学を上手く使ってマーケティングに活かしていけば、
効率よく良い結果が得られます。
明日以降、どのように活かしていくかテクニック的な事を解説します。
お楽しみに!

スマイル大事!
今日も1日しあわせでありますように!

『ひとこと』
本当に寒くなりました。

YouTube始めました。
高評価・チャンネル登録お願いします。