えっ!ターゲットを間違えた?

今日は質問から始めたいと思います。それでは、質問です。
「ダイエットの商品って どんな人が買うんでしょうか?」
えっ、何言ってるの?ダイエットしたい太った人に
決まってるじゃん。って思いますよね。
でも、実際に見てみると太っている人より、
そうでもない人(太っているようには見えない人)が
利用することの方が多いのです。
みなさんの周りでもそんな人いるんじゃないでしょうか。

太っている人は、ダイエットしなくては!と思いながらも、
何も行動していない人がほとんどです。
一方で ダイエットの必要がなさそうな人ほど
サプリや運動に勤しんでいます。面白いですよね。

つまり、「ターゲットだと思っていたら実際に
違っていることがある」ということです。
今回ご紹介したケースのように、「ダイエット=太った人」ではないのです。
普通から考えると、「ダイエット=太った人」しかないように思えますが、
冷静に観察してみると太っていない人にこそ需要があったことになります。

なので、ビジネス的には「ダイエット商品は
太っていない人に売る方が良い」ことになります。
これは希なケースかもしれませんが、
考えてみる価値はありそうです。

みなさんのビジネスはどうですか?
本当の対象客は別にいる… なんてことないですか?

『ひとこと』
弊社では「紙+動画のご提案」を行っています。
文字だけでは伝わりにくいメッセージを
動画で伝えませんか?
https://lp.n-foryou.jp/papermovie/

 

 

 

 

 

 

 

 

でいあっぷてぃーびー
高評価・チャンネル登録お願いします。