限定というコトバには弱いです。

「このお値段でのご提供は本日24:00までです!」
「学生の方は、お食事代10%割引きします」等、
このようなメッセージには弱いですよね。
私だけじゃなく多く方もうなずいて頂けると思います。
これは強力なオファーである「限定」です。
私達は限定に弱いんです。

「限定」には3つの限定があります。
それは、期間限定・数量限定・対象限定です。
「3日間限定の特別価格です」は期間限定。
「こちらの商品100個限定になります。
お早めにお買い求め下さい」は数量限定。
「今すぐ腰の痛みを治したい方」は対象限定です。

このように「限定」を上手に打ち出すことは
売上に貢献します。3つに限定の中でも一番重要なのが、
対象限定です。つまり、自社の商品にぴったりの人達に
ぴったりの提案をすることです。この対象限定が
明確になった後で、期間限定や数量限定を考えるのです。

ですので、考えてみてください。みなさんの商品やサービスを
必要としている人は誰ですか?また、その人達はなぜ
必要としているのでしょうか?みなさんの商品やサービスを
利用することで、その人達はどんな良い事が待っているでしょうか?
この質問を具体的にイメージ出来るまで考えてみてください。
必要としている人達に、商品やサービスを届ける事が出来て、
始めて希少性を持たせる期間限定・数量限定が生きてくるのです。
これが上手くいけば、ブランド化も出来ますよね。
プライベートブランドです。

考えてみてください。

紙+動画のご提案  https://lp.n-foryou.jp/papermovie/

『ひとこと』
年を重ねると花粉症の症状が和らぐって本当でしょうか?

弊社では「紙+動画のご提案」を行っています。
文字だけでは伝わりにくいメッセージを
動画で伝えませんか?
https://lp.n-foryou.jp/papermovie/

 

 

 

 

 

 

 

 

でいあっぷてぃーびー
高評価・チャンネル登録お願いします。