面白い記事を見つけました。

展示会は実態がある物しか出来ないと思っていました。

絵画とか写真、彫刻等。

でも、この記事で考えが変わりました。

 

齢臭からシュールストレミングまで、臭い楽しむ『におい展』

 

『におい展』メインビジュアル
 

展覧会『におい展』が7月13日から静岡PARCO、7月20日から北海道・札幌PARCOおよび福岡PARCOで開催される。

同展は嗅覚で楽しむ体験・参加型イベント。2016年から2017年にかけて愛知・名古屋PARCOで実施され、今年1月から2月にかけて東京・池袋PARCOを巡回した。

展覧会では、香料のジャコウ、イリス、香水の素をはじめ、「世界一臭い食べ物」と称されるスウェーデンのニシンの缶詰シュールストレミング、中国や台湾などで食され、電車を止めたこともあるという料理・臭豆腐などの食品、さらに「加齢臭」「フェロモン」を嗅ぐためのコーナーも展開される。

会場内では、開催に際し制作されたペン、消しゴム、クリアファイル、シュールストレミングTシャツなどのグッズが販売される。詳細はイベントのオフィシャルサイトhttps://nioiten.jpで確認しよう。(ネット調べ)

どうですか?

匂いも展示品になるのです。

展示という物を違った角度から考えて物ですよね。

地元名古屋の展示は終わってしまいました。

行きたかったです。

 

スマイル大事!

今日も1日しあわせでありますように!