auがスマホの新料金を発表した。

以下、サイトの関連記事。

KDDIは2017年7月10日、月々最安で1980円の新料金プラン「auピタットプラン」と、大容量データの通信利用者向けの「auフラットプラン」を発表した。

格安スマホを展開するMVNO(仮想移動体通信事業者)事業が急速に拡大を見せるなか、契約者の流出に歯止めをかける狙いがあるとみられる。両プランとも7月14日から、サービスを開始する。

12か月間、1000円割引キャンペーンを展開

「auピタットプラン」は、データ利用料に応じて自動的に適用される5段階の定額料金プランを用意した。

「1ギガバイト(GB)未満」「2GB未満」「3GB未満」「5GB未満」「20GB未満」の5段階で、最安値は1GB未満の2980円、最高値は20GB未満の6480円になる。

2017年7月14日から12月31日までの新規契約や機種変更時に、このプランに加入した場合、加入の翌月から12か月間、利用料金が1000円割引となるキャンペーンも展開。期間中に契約すると、「1GB未満」であれば1年間月額1980円で使える。

また、「auフラットプラン」は、通話プラン(「スーパーカケホ」「カケホ」「シンプル」)を含んだ大容量データの通信利用者向け固定プラン。20GBまでの利用で、月額6500円(「スーパーカケホ」の場合)、30GBまでで月額8500円(同)となる。こちらも「auピタットプラン」同様の、1000円割引キャンペーンを展開する。

さらに、両プランの契約者向けに、「アップグレードプログラムEX」も7月14日から提供。月々390円を24回支払うことで、25か月以降の機種変更時に、購入した対象スマートフォンの分割支払金の最大半額が支払い不要となる(iPhoneシリーズは対象外)。(ネット調べ)

この料金体系は、格安スマホを意識したもの。

今年に入ってから、若者を中心に格安スマホに切り替えるユーザーが増えてきている。

全体の0.1%程だった格安スマホユーザーが20%となり驚異的な増加となっている。

これを受けて、docomoとSoftBankがどうするか?

格安スマホに対抗しての料金設定なので、両社とは何らかの対策は必要だと思います。

注目していきたいと思います。

 

スマイル大事!

今日も1日しあわせでありますように!