Jリーグが凄い!

ヴィッセル神戸にスペイン代表のイニエスタ選手が加入した時はビックリしました。

それと同時に日本でプレーしてくれる感謝の気持ちもありました。

世界Levelのプレーが見られるのです。

絶対見たいです。

更に今日元スペイン代表のフェルナンドトレス選手がサガン鳥栖に移籍というニュースが飛び込んで来ました。

何だがJリーグ凄い事になってきたな!って感じます。

 

フェルナンドトレス「誤報じゃないよ」鳥栖入り決定

鳥栖の加入が決まり竹原社長(右)とポーズをとるフェルナンドトーレス(C)S.D.CO.,LTD.=共同サガン鳥栖が獲得を目指していた元スペイン代表FWフェルナンドトレス(34)が10日、鳥栖入りを正式に表明した。この日、スペインにある自らのジムで会見を開いた。トレスは「僕の新しいクラブへの入団が決まり、本当に幸せだよ。サガン鳥栖、もうすぐ会おうね!」と喜びつつ、背番号9の鳥栖のユニホームを両手で掲げた。

 会見には鳥栖の竹原稔社長(57)が出席し「スペインの神の子を鳥栖に迎えることを光栄に思います」と笑みを浮かべた。この日の会見前に、オーストラリアAリーグのシドニーFCが、獲得レースからの撤退を発表していた。アジア・チャンピオンズリーグにも出場する、アジア・サッカー連盟内の強豪との獲得レースを制した同社長は、鳥栖について「本当にハードワークし、チャレンジし続け、アジアの小さなチームから世界を目指しています。トレス選手の加入で、飛躍的な風を吹かせたい」と紹介し、満面の笑みでトーレスの獲得を喜んだ。

 トレスは4月9日にスペイン1部Aマドリードからの退団を発表した。移籍先については、スペインの地元紙がスペインリーグ終了後の5月下旬に鳥栖入りが決定的と報じた一方で、米MLSのシカゴ・ファイアー、中国スーパーリーグ(1部)北京人和が獲得に動いているとも報じた。その中、同30日にJリーグ公式サイトが、鳥栖がトレスを獲得したとする予定原稿をアップし、すぐに削除する“フライング”でインターネット上で炎上する騒ぎとなった。

 竹原社長は1日の練習試合前に、本拠ベアスタのクラブ事務所前で取材に対応した中で、トレス側とは連絡も取れず「危機的状況」に陥っているとした上で「信用をなくしたので(契約成立は)もうないでしょう」と説明。Jリーグ公式サイトの“フライング”で、トレス側が鳥栖に不信感を抱いたと説明していた。

 竹原社長は、そんな一連の騒動に引っかけた「誤報じゃないよ! ほんトーレス!」、「来てくれて、ありがトーレス!」と書かれたタオルマフラーを、トレスと一緒に掲げた。そして「スペインで成功した彼(トレスの鳥栖入り)は、日本のファンが楽しめる。より良いサッカーに近づく道を示したい」と日本サッカーのためになる獲得だと強調した。

 これでJ1ヴィッセル神戸に加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタに続き、スペインリーグの世界的な大物選手がJリーグでプレーする道を選んだ。(ネット調べ)

 

フェルナンドトレス選手はイニエスタ選手と共に、2010年ワールドカップ南アフリカ大会で、スペインを初優勝に導きました。

これからも世界のビックネームが日本でプレーしてくれると日本のサッカーも盛り上がると思います。

楽しみです。

 

スマイル大事!

今日も1日しあわせでありますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGETOP

ご連絡先  株式会社 日栄印刷 / FOR YOU事業部 担当 和泉  〒500-8388 岐阜県岐阜市今嶺4丁目2-8  TEL.058-273-6022  FAX.058-274-7615

Copyright © 2014 FOR YOU All Rights Reserved.